フケ 治す

フケを治す方法

 

フケとは頭皮から剥がれ落ちる角質です。だだ、シャンプーをしてもその日のうちからフケが多く出てしまうのがフケ症です。代謝が異常に早くことで角質がどんどん剥がれ落ちてしまっている状態です。

 

フケには乾燥型と脂性型があります。頭皮の乾燥によって発生するフケと皮脂の増加によるフケにわけられます。
乾燥型はパラパラと小さなフケが大量に発生します。乾燥型は男性よりも女性に多いフケ症で、アレルギーやアトピーの人にも多い症状です。

 

脂性型は皮脂量の多い人に発生するフケ症で、少し湿ったフケが多くなります。男性におおく、脂漏性皮膚炎になっていることが多い症状です。

 

フケの種類

 

フケ症には乾燥タイプと脂性タイプがあります。ここではフケの違いについて紹介します。

 

乾燥タイプ

 

乾燥タイプはパラパラと乾いたフケが多く発生します。これは頭皮の乾燥が原因で発生します。頭皮が乾燥するとバリア機能が乱れ、紫外線や外部刺激によって炎症が発生しやすくなります。その結果、頭皮の新陳代謝が活発になり、フケが出るようになります。

 

洗浄力の強いシャンプーの使用、女性ホルモンの減少、甲状腺機能低下症などが考えられます。その他、アトピーなども頭皮乾燥の原因になります。、

 

 

脂性タイプ

脂性タイプは皮脂の過剰分泌が関係しています。男性に多いのが脂性タイプです。頭皮に皮脂が増えると、皮脂を餌にする菌が増殖します。この菌が皮脂を分解することで、皮脂分解物(脂肪酸)が発生します。この皮脂分解物が頭皮に刺激を与え、フケやかゆみを悪化させます。

 

皮脂の増加は男性ホルモンが関係しています。その他、女性でもホルモンバランスが乱れると皮脂が増加します。洗浄力が強いシャンプーで皮脂を取りすぎると、余計に皮脂分泌が増加します。その他、糖分や脂分を摂りすぎるのも皮脂増加を招きます。

 

>>頭皮の皮脂を抑える方法

 

 

フケ症を改善する方法

 

シャンプー

乾燥によるフケにアミノ酸シャンプーがおすすめです。アミノ酸シャンプーは洗浄力は弱めですが、皮脂を取りすぎることはありません。洗浄力の強いラウリル硫酸ナトリウムやスルホン酸ナトリウムを配合していないシャンプーを選ぶ事がポイントです。

 

 

脂性のフケには抗真菌剤を配合したシャンプーを使用します。抗真菌剤とは硝酸ミコナゾール、ピロクトンオラミン、イソプロピルメチルフェノールなどがあります。抗真菌剤配合のシャンプーにはコラージュフルフルシャンプー、メディクイックシャンプーなどがあります。

 

コラージュフルフルシャンプー

 

 

コラージュフルフルは皮脂によって発生するフケの改善をサポートするシャンプーです。フケの原因となる原因菌(マラセチア菌)の増殖を抑える「硝酸ミコナゾール」や殺菌成分「ピロクトンオラミン」を配合しています。その他、頭皮への負担を抑えたアミノ酸洗浄成分で皮脂を取りすぎる事はありません。

 

 

メディクイックHゴールド

 

 

メディクイックHゴールドには炎症によるかゆみを抑える作用があります。フケ原因菌が皮脂を分解する過程で発生する脂肪酸が炎症を起こし、フケやかゆみ野毛人となります。メディクイックHゴールドには炎症を抑えるステロイドを配合。炎症による痒みを強力に抑えます。

 

その他、痒みを抑えるクロタミトン、炎症を抑制するグリチルリチン酸2k、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールなども配合。頭皮の湿疹や炎症による痒み、フケを抑制します。

 

 

ニゾラールシャンプー

 

 

ニゾラールシャンプーはケトコナゾールを2%配合したシャンプーです。ニゾラールシャンプーは市販では販売していません。コラージュフルフルシャンプーに配合されている殺菌成分は0.75%ですが、ニゾラールシャンプーはそれよりも強力にフケ原因菌を殺菌する働きがあります。

 

さらに、ケトコナゾールには抗男性ホルモン作用があります。抗男性ホルモン作用によって脱毛を抑制する作用もあります。また、皮脂腺が減少することで、皮脂の過剰分泌も抑えます。脂漏性皮膚炎に悩む人におすすめのシャンプーです。ただ、ニゾラールシャンプーは市販はしていません。薄毛治療クリニックや個人輸入代行サイトで購入できます。

 

 

皮膚科での治療

頭皮のカユミ、フケが酷い場合は皮膚科で薬を処方してもらうことも可能です。頭皮のカユミがある場合、多くの皮膚科ではリンデロンVGなどのステロイド薬が処方されます。

 

その他、炎症のなフケの場合はニゾラールローションが処方されます。ニゾラールローションには抗真菌作用のあるケトコナゾールが含まれています。ケトコナゾールにはマラセチア菌を強力に阻害する作用があります。

 

 

食事の改善

 

・ビタミンB群
頭皮の炎症によるフケ、痒みがひどい場合、ビタミンB群をしっかり摂ることをおすすめされます。特に大事なのが脂質代謝のあるビタミンB2、タンパク質代謝のあるビタミンB6です。
ビタミンB2はうなぎ、豚レバー、さんま、納豆、卵などに含まれています。ビタミンB6は鶏ささみ、カツオ、バナナ、さんまなどに含まれています。食事で摂るのが難しい場合はビタミンBサプリがおすすめです。

 

・ビタミンA
頭皮が乾燥している人に欠かせないのがビタミンAです。ビタミンAは角化を正常にする作用や角質層の水分量を増やす働きなどがあります。レバー、うなぎ、かぼちゃ、ニンジンなどに含まれています。