遺伝 育毛

遺伝と薄毛について

 

 

遺伝は薄毛の大きな要因です。両親はもちろん、祖父母や両親の兄弟が薄毛の場合も遺伝する可能性があります。

 

遺伝するのは男性ホルモンの量や男性ホルモンの感受性などがあります。
男性ホルモンが多いと毛深くなったり、皮脂の量が増えます。さらに、薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されやすくなります。

 

 

DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することで生成されます。
DHTが男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛因子を生成して抜け毛を引き起こします。

 

 

遺伝の要因として考えられるのは男性ホルモンの量、5αリダクターゼの量、レセプターの感受性などがあります。
父親だけなく、母親方の家系に薄毛の人が多い場合、比較的薄毛になる確率が高いという結果がでています。

 

 

ただ、薄毛のいって諦める必要はありません。
薄毛対策では5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHTの生成を抑える事が可能です。
5αリダクターゼを阻害する成分にはフィナステリドがあります。フィナステリドはプロペシアと呼ばれる治療薬に配合されています。
ただ、フィナステリドはホルモンに働きかけるため、性欲減退などの副作用があります。

 

副作用が心配な方にはノコギリヤシ配合のサプリメントがおすすめです。
プロペシア程の効果はありませんが、5αリダクターゼに働きかけ、DHTの生成をおさえます。

 

 

また、生活習慣も大切です。
遺伝というよりも日頃の食事やストレスも髪の毛の成長には関係します。
食事については髪の原料になるタンパク質をはじめ、亜鉛やビタミンをしっかり摂る事が大事です。
お肉や揚げ物、塩分の摂り過ぎは血行不良の原因になるのでよくありません。

 

タバコも薄毛対策にはよくありません。
ニコチンは血行不良を引き起こし、大量の活性酸素を発生させます。
血流が悪くなると毛根に栄養や酸素が届かなくなり、髪の毛の成長力は低下します。

 

 

生活習慣の改善を行いつつ、5αリダクターゼの働きを阻害することが薄毛対策では欠かせません。
ノコギリヤシ配合の育毛剤にはチャップアップ、BUBKA、イクオスなどがあります。
育毛剤とサプリメントを併用し、体の外と内側から薄毛対策をサポートします。