育毛剤 副作用

育毛剤の副作用について

育毛剤副作用

 

育毛剤を使用する上で気になるのが副作用です。
育毛剤の多くは医薬部外品に分類され、有効成分と植物エキスなどが配合されています。
一部、スカルプエッセンスは化粧品扱いですが、同じような成分が含まれています。

 

 

育毛剤の主な副作用

肌が敏感だったり、アレルギーがでやすい人が育毛剤を使用すると、かゆみや炎症を引き起こすことがあります
簡単に言いますと、頭皮のアレルギー反応といえます。使用した育毛剤に含まれている配合成分が頭皮に合わない為にアレルギー反応を起こしているのです。

 

育毛剤にはアルコールや香料、界面活性剤などの添加物、植物系の精油などが含まれており、これらの成分にアレルギー反応を起こすケースがあります。
使用開始時は問題なく使えていても、ある時期から痒みや発疹がでるというケースもあります。

 

全ての人に副作用なく製品化される事は不可能といえるでしょう。初めて使用するときはパッチテストを行うことをおすすめします。育毛剤選びの際は成分を確認する事は非常に大切です。

 

 

痒みなどがでた時の対処法

痒み、赤みがでたら直ちに使用は控えた方がよいでしょう。
もったいないからと言って、多少のかゆみを我慢して使い続けると頭皮環境がますます悪化します。
状態がひどいようでしたら皮膚科で診察してもらいます。皮膚科では炎症を抑える塗り薬などが処方されます。

 

 

リアップやプロペシアには副作用あり

ミノキシジルを配合したリアップやフィナステリドを配合したプロペシアは男性型脱毛症に多く使用されています。
リアップやプロペシアは医薬品の為、副作用のリスクは高くなります。

 

リアップは外用薬のため、頭皮の痒みやカブレの症状が報告されています。
稀にですが、血圧低下による胸の痛み、むくみなどの副作用があります。心臓や血圧の病気を抱えいる場合は注意が必要です。

 

プロペシアの場合は勃起不全、性欲減退などの副作用があ報告されています。副作用が気になる場合、医師の診察を受けることをおすすめします。薄毛治療クリニックでは血液検査や遺伝子検査などを行なっています。これらの検査によって薬の効きやすさなどを判断する事が可能です。